バレンタインの想い出

第1810回「バレンタインにまつわるこんな話!」




初めてチョコをもらったのは小学4年生の時。

相手は幼馴染みのトモちゃん。



後の初恋の相手。



小学4年生のことなので、チョコをもらったからと言って2人の関係性が変わることはなく、それまで通り一緒に遊んだり下校したりしていた。

でも小学5年生の時だったか、トモちゃんは少し遠く(学区は同じ)へ引越して行った。

その少し前からオレの方が好きになっていて、変に意識してしまっていたこともあり、引越しをキッカケに疎遠になってしまった。



後にトモちゃんとは交換日記をするようになるんだけど、そこに至るにはまた別の女の子が関係してくる。



それは小学5年生のバレンタインに好きだと言ってくれたEさん。

Eさんに告白され、でもトモちゃんが好きだったオレはそのことを伝えて「気持ちには応えられない」というようなことを言ったはずなんだけど、何故か男子2人、女子6人くらいのグループで交換日記?(グループ交際?)をすることになった。

しかもEさんが声を掛けたであろうそのグループには、疎遠になっていたトモちゃんも入っていた。

交換日記は数ヶ月続き、そのグループでプラネタリウムに行ったこともあった。

だけどしばらくしてオレが「ある事件」を起こしたことにより、交換日記は消滅した・・・・・・。



特別足が速いわけでもなく、特別勉強が出来るわけでもなく、しかも坊主頭。

何故好かれたのか分からないけど、今思い返せば、たぶん「モテ期」というやつだったんだと思う。



バレンタインになるとこの一連の想い出がよみがえる。



・・・・・・・・・・・・小学生のモテ期って何なんだ ^^;
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)